TAG

言葉

  • 2020年5月20日

【本紹介・感想】簡単に飛びついてはいけないストーリー『人はなぜ物語を求めるのか』

長らく本をバッグの中にいれていたせいで多少くたびれ感のある本てしまいました。クラフト・エヴィング商會が担当しているとってもきれいな装丁なのに申し訳ない限りです。ブックカバーは西荻にある今野書店創業50周年記念の東海林さだおさん限定ブックカバー「夏」です。積読状況がばれるものでした。。 内容 本書は「 […]

  • 2020年5月12日

【本紹介・感想】名作の原文とともに考える『翻訳ってなんだろう』

内容 本書は著者である鴻巣さんがNHK文化センター青山教室にて行った翻訳講座『訳して味わう傑作10選』を主な下書きとして、大学での講義や講演等を参考に執筆したものです。そのため、どの章もとても柔らかい語調で、まるで生徒と対話するようなかたちで書かれています。 本書の中で、鴻巣さんは、翻訳者は原文を読 […]

  • 2020年4月23日

【本紹介・感想】地域とともに生きる雑誌が地域に根付くコーヒー屋さんを紹介『房総コーヒー』

内容 私たちは様々な方法でカフェや喫茶店を知ることができます。雑誌であったり、ネットであったり、もしくはたまたま通りかかって、ということもあります。どんな方法であったとしてもその出会いはかけがえのないものです。 でも数あるお店の中から、折角ならば、店のコンセプトや雰囲気、店主の生き方や気持ち等々、何 […]

  • 2020年4月22日

【本紹介・感想】子供たちの疑問に哲学者たちはどう答える?『子どもの難問』

内容 色んな大人が尋ねられると窮してしまうような質問を、子どもたちはいとも簡単にしてきます。それらについて、大人たちは常識ととらえていたり、あまりにも当然なことだったりするので、向き合うことや考えることを辞めてしまっているのかもしれません。そんな問いに対して子どもたちは真剣に答えを求めます。もし、大 […]

  • 2020年4月20日

【本紹介・感想】翻訳家の悲喜こもごもな日常『翻訳地獄へようこそ』

内容 本書は翻訳であり、エッセイストでもある宮脇孝雄さんがALCが発行する雑誌、『ALCOM WORLD』と『マガジンアルク』で連載されていた「英語翻訳ミヤワキ研究室」に掲載された文章を加筆・修正したものです。 全体で約40のエッセイからなり、翻訳をするにあたってどのようなことに気を付けるといいかに […]